2014年08月21日

僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

●僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

ただ、「ルーチン化」させないように工夫をしている。

僕は何が嫌いかといって、「ルーチン化」された仕事を淡々とこなす、ということほど嫌いなものがない。

だから、講義のやり方に工夫を凝らす。

それは、もちろん、第一義的には「受講者が楽しく、有意義に学べる研修」を作るためなんだけれど。

だけど、自分としても、「いつもの研修をいつものように」繰り返すのが苦痛なのだ。

だから、ちょっとでいいから、工夫をいれたい。(たとえ、結果的に失敗だったとしても。)


仕事が「ルーチン化」すると「思考」が停止するんだよね。(僕の場合。)

これほど、怖くてつまらないことはない。

posted by ホーライ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それはそうと、大変な日々が続く

僕がリアルで働いている会社の東京本社でのモニター任命試験は終了。

今日から大阪支店での任命試験が始まる。

新人にとっては、怒涛の4日間だ。



ただ、僕はそうも言ってられず、先輩社員たちに継続研修を提供しないといけない。

来週の月・火曜日は「組織に貢献する」というテーマで研修を実施する。



いろんなテーマで1年間研修をやっているけれど、実は「能力マップ」というものを作り、それに基づいて、かなり体系的に研修を組んでいる。

また、モニターのみんなは必ず1年に1回は「GCP統一テスト」を受験して8割以上をとらないといけない。

この統一テストに合格するには4回実施される「GCP生涯教育」という研修を受講しないといけない。



とまぁ、新人たちも大変だけど、先輩社員も大変な日々が続く。(もちろん、講師の僕も大変な日々が続く^^;)

posted by ホーライ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

それぞれの人生が始まる記念すべき初日が終わった。

新入社員のモニター任命試験の4分の1が終わった。

自分の成果に満足している人も不満だらけだという人も、とにかく、終わって、お疲れ様でした。



モニター任命試験は治験責任医師役の講師を相手にロールプレイをする。

その後、審査員から矢継ぎ早に質問を受ける。


普段どおりにやれる人もいるし、緊張のあまり普段の10分の1も力を発揮できていなと思える人もいる。

逆に「お!」と思うぐらい、「一発勝負に強い」というか「本番には強い」というタイプもいる。


新入社員のモニター任命試験のころはパッとしかしなかった人でも、3年もモニターをやっていると、「ものすごく成長」する人もいる。(大化けするってやつだ。)

まぁ、とにかく、これも人生の中のささやかな試練だと思って乗り切ってください。

僕が今、新入社員だったら、モニター任命試験は確実に落ちるな。

「生意気だ」ということで。。。。。。


posted by ホーライ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

最期の砦を突き抜けろ

今週で新入社員の導入研修が終わる。

明日から4日間に渡って、「モニター任命試験」が続く。

この日のために4月からの5か月間の全てが有ったのだ。

モニター任命試験を合格すると、晴れて、プロジェクトに正式に配属される。

とにかく、悔いが残らないように全員、力を出し切って欲しい。

僕たち、講師陣も試されているようなものだ。


posted by ホーライ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

「ジブリ」発「ベートーヴェン」経由「森繁久彌」行き。

我が家から車で30分位のところに「江戸東京たてもの園」というものがある。
   ↓
http://tatemonoen.jp/

で、そこで今、ジブリ関係の建物が展示されている。
   ↓
「ジブリの立体建造物展」
   ↓
http://tatemonoen.jp/special/index.html


と言ったところで、そこに行ったのは妻と次女で、僕はひたすら寝ていた。

あとは、英語のトレーニングをちょろっと。



毎週、日曜の午後はJ−WAVEというFM曲の「TOKYO HOT 100」という音楽番組を聴いている。
   ↓
http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/


この番組を聴いていると、思うのは、毎週、毎週、新しい歌がよくぞ出てくるものだ、ということ。

これって、ちょっと感動的に凄い。

人類が「音楽を発明・発見」して、どれだけ経ったのか分からないけれど、どうやら、音楽の手技・手法・テーマはまだまだあるらしい。

小説も短歌も俳句も絵画も、アートはなんでもそうだけどね。


ところで、「クラシック音楽」って言うけれど、どの時代からどの時代に作曲されたものが「クラシック音楽」なの?というテーマをNHKの「らららクラシック」という番組で取り扱っていた。
   ↓
http://www.nhk.or.jp/lalala/

「クラシック音楽」は「ベートーヴェン以降、永遠に」という答えもあった。

まぁ、そうだよね。

モーツアルトだって、当時は「ポップミュージック」だったわけで、それが、未だに残っている、というのがクラシック音楽なのだ。

今週の「TOKYO HOT 100」に流れた音楽のうち、10年後にも聴かれている曲は何曲あるだろう?

100年後は?

古典として残るには古典として残るだけの訳がある。


ところで、「荒城の月」って、唄える?

「知床旅情」は知っている?

「知床旅情」は森繁久彌や加藤登紀子が唄っていたよね。

「知床旅情」はどんなに音痴な人でもうまく唄える歌だという話を聴いたことがある。

なるほどね。

posted by ホーライ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

今日はエルビス・プレスリーの命日

僕が知っているエルビスは中年太りをして、ヒラヒラの衣装を着て、観客が差し出すハンカチで汗を拭くと、それを観客に戻していたハリウッドの映像だけだ。

でも、彼がロックンロールを創造したのも、後のビートルズを初めとして数多くのシンガーに影響を与えたことは知っている。

「ハートブレイクホテル」とか「ラブミーテンダー」とかね。


最近、気に入っている音楽は「ゲスの極み乙女。」の『猟奇的なキスを私にして』だ。

まるで「椎名林檎」のつけるようなタイトルの曲で、サウンドの感じとしては僕の好きな「サカナクション」的だね。

今は音楽にとっていい時代だ。

何でも許せるし、誰が真っ先にそれをやるか競い合っている。

「誰がそれを発見したか」が大事だ。

これはアーチストに限らず、サイエンティストでも同じだけどね。

posted by ホーライ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

終戦から69年目の夏も暑い。「教訓1」を聴きながら。

でも、この暑さを体感できずに尊い命を落とした人たちのことを思おう。

僕の好きなフォークシンガーに「加川良」がいる。

その加川良の歌に伝説的な歌がある。

「教訓1」だ。
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=FSaMY7TRgFI


「命のスペアはありませんよ」と加川良は歌う。

でも、そのことを十分に知った上で戦場に無理矢理、駆り出された若者たちがいたのだ。

いや、「いたのだ」という過去形ではない。

今、この瞬間にも地球上のどこかで貴重な命が無残に消されている。

この暑さのことも感じられずに。



僕たちは、この暑さを忘れてはいけない。

この暑さの意味を考えないといけない。

この暑さは自分の意志とは関係無く命を失った人たちの想いなのだ。

彼ら・彼女らの「無念さ」が、この暑さを生んでいる。


posted by ホーライ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

ややこしったら、ありゃしない。

●夜、ぐっすり眠れることの幸せを再認識したほうがいい。

僕はこの5年間ほど、まんぞくに朝までぐっすり寝たことがない。

長時間型の睡眠薬を飲んで、寝つきはよくなったけれど、だいたい、深夜の2時頃に目が覚める。(だから、時々、僕のブログの投稿時間が午前2時ごろのものがある。)

2時ごろに起きると、超短時間タイプの睡眠薬を飲むけれど、決まって、早朝の4時過ぎまで絶対に眠れない。

そんな時は、開き直って、英語の単語をCDで聴きながら、覚えるようにしている。

(あるいは、ブログを書いたりね。)



「朝まで、ぐっすり眠る」というなんでもないことが、実は幸せなんだ、ということに感謝したほうがいいと思う。

僕は毎晩、夜が怖い。(と言うか、面倒くさい。)

今朝も朝の6時ぐらいまで眠れずにいて、代わりに昼間、眠り続けている。

ややこしったら、ありゃしない。


posted by ホーライ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

「最近のPMDAは・・・」と質問してくる学生さんって・・・・

先日の「インターンシップ」に対する学生のアンケート結果が集計された。

とても役立ったという答えが7割以上占めていたし、ロールプレイを行うことでモニターの仕事がイメージしやすくなったという感想も多かった。

ただね、僕の印象ではインターンシップに参加する学生さんの力のいれぐらいに相当な差があるということことが分かった。

「CRO協会に入会しているCROと入会していないCROで差がありますか?」なんていう玄人裸足の学生さんもいたし、僕が説明する前から「最近のPMDAの役割は・・・」なんていう発言をする学生さんもいた。

相当、勉強しているよね。


アンケートの中に希望する職種があって、中には「病院勤務」とか「調剤薬局」なんていう人もいたので、学生全員がCRO第一希望ではない人も「CROってどんなんだろう?」という気持ちで参加していることもわかった。

そういう人と研究をしてからインターンシップに来る人って、当然、差がでるよね。(質問にしても、行動にしても。)


でも、まぁ、皆さん、CROの業界のことやCRAの仕事の中身がより鮮明になってくれたということで、まぁ、良しとしましょう。

ひとりでも優秀で、熱心な学生さんが治験業界に入ってくれると嬉しいよね。(うちの会社に入社しなかったとしても。)

posted by ホーライ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

モニター任命試験まで、あと2労働日!!

僕がリアルに働いている会社の新入社員のモニター任命試験まで、あとわずかになった。

この時期、毎年、新入社員はピリピリしてくる。

講師をやっている僕もひっぱりまわされ、ロールプレイにつきあう。


任命試験では時々、自分の力を100%発揮できない人がいる、というか、だいたいが100%発揮できない。

頭の中が真っ白になるような質問をする審査員もいるからだ。

下手すると普段の30%ぐらいしか力を発揮できずに、泣いてしまう新人もときたまいる。

大事なことは自分を信じて、平常心で臨むこと、それぐらいしか、もう僕に言えることはない。

新入社員のみんなが悔いのないように任命試験をおえることを祈るばかりです。(親心としてね。)



posted by ホーライ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。