2014年09月12日

カレー店で『腸チフス集』団食中毒…客6人が重症

腸チフスによる集団食中毒は、国が統計を取り始めた2000年以降初めて。

我が社では『インフルエンザ』が流行の兆しを認め始めた。


病気って、いったい、何種類、あるんだろう?

そのうち、薬で治せるのって何%ぐらいなんだろう?

きっと、ごくわずかだよね。

生きていること自体が僥倖だ。

そういうことを再認識して生きていこう。

明日もまた無事に生き抜けていけますように。

posted by ホーライ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

ややこしったら、ありゃしない。

●夜、ぐっすり眠れることの幸せを再認識したほうがいい。

僕はこの5年間ほど、まんぞくに朝までぐっすり寝たことがない。

長時間型の睡眠薬を飲んで、寝つきはよくなったけれど、だいたい、深夜の2時頃に目が覚める。(だから、時々、僕のブログの投稿時間が午前2時ごろのものがある。)

2時ごろに起きると、超短時間タイプの睡眠薬を飲むけれど、決まって、早朝の4時過ぎまで絶対に眠れない。

そんな時は、開き直って、英語の単語をCDで聴きながら、覚えるようにしている。

(あるいは、ブログを書いたりね。)



「朝まで、ぐっすり眠る」というなんでもないことが、実は幸せなんだ、ということに感謝したほうがいいと思う。

僕は毎晩、夜が怖い。(と言うか、面倒くさい。)

今朝も朝の6時ぐらいまで眠れずにいて、代わりに昼間、眠り続けている。

ややこしったら、ありゃしない。


posted by ホーライ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

患者の視線になっている?

弱気になった人をどうサポートするか

風邪をひいて寝込んでしまった。

風邪ですら、病気になると弱気になる。

これが、「がん」や「喘息」「難病」と診察されていたら、本人の気持ちはいかほどのころになろうか。

「がん」を告知された人は、まず「なんで私が?」と思うらしい。

弱い精神状態の人ばかりではないと思うが、私たちは、一般的に「弱気になっている患者」さんを対象に治験をしている。


ときどき、そんな患者さんの視線を忘れていないかな?


posted by ホーライ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。