2014年07月21日

思い出が多すぎる

●妻と1日半の旅行をしてきた。

旅行と言っても、銀座の歌舞伎座を見て、築地でお寿司を食べて、ホテルに泊まり、翌日は「はとバス」にのっただけ。

でも、はとバスに乗ったおかげで、初めて足を踏み入れた場所(明治神宮の裏道とか)何十年ぶりかに足を運んだ場所(浅草とか)に行けたのは良かった。

妻と「ここに来るのは息子が4歳のときに来たとき以来だ。あの頃の息子はかわいかったよな」とか、想いでも出てくる。

我が家の次女よりも1歳若いバスガイドさんに連れられて東京タワーやお台場にも行った。

東京は30年前と違った顔を見せてくれているような気もするし、何十年経っても何ひとつ、人間なんて変わらないんだと思ったり。

まぁ、いろんなことを考えさせられ、見せられた、食べさせられた、楽しい「旅」でした。

長年、連れ添っている妻と二人だからだね。(思い出が多すぎる。)
posted by ホーライ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

最近、次女がパン屋さんにバイトに行っているので

最期とのシフトの時間にバイトがはいると、売れ残ったぱんをたくさんもらってくる。

夕ご飯なんて、いらないじゃない? というぐらい、貰ってくる。

だらから、こうして、僕は真夜中の2時すぎにとてもおいいいカリカリした食パンを食べながらブログを書くことができる。

このブログの存在理由は分からないけれど、このブログが存在できている理由はわかる。

おいしいパンが食べられるから。

人生って、そんなもんんさ。


posted by ホーライ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

今夜ひとり。蕎麦をすする音が・・・・・・

子は瞑想の山籠もりに行って一週間目。

妻と次女は、ドコモの抽選に当選して、大阪のUSJ貸切を楽しむために大阪へ。

という事で、今夜は僕、ひとり。

蕎麦を茹でて、ざるそばに。

ひとりで蕎麦をすする音が家中に響くよ。

なんだか、僕のほうが大阪のホテルで一人で過ごしているようだ。

とんでもないこと(どんなことや?)が起こると面白いけれど、きっと、平凡な夜が僕を包んでくれるんだよね。

ブログを更新したり、シャワーを浴びたり。

もうすぐ夏至だ。

posted by ホーライ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

今年の夏はどうかな?

長期予報によると

<予想される向こう3か月の天候>

向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。

6月

平年に比べ曇りや雨の日が少ない見込みです。

降水量は、平年並または少ない確率ともに40%です。



7月  

平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。 

降水量は、平年並または多い確率ともに40%です。


8月  

平年と同様に晴れの日が多い見込みです。 


だそうだけど、なんだか、ぼやけていて、よく分からない予報だね。

最近は、「竜巻」が多くなってきたよね。

昔もきっとあったんだろうけれど、観測体制が整っていなかったので「突風」で片づけられていたのかな?

それとも、気候変動(温暖化とか)で、実際に、日本で発生する竜巻の数が増えたのかな?


夕立のあとのアスファルトから上ってくるほこりっぽい匂いも嫌いじゃない。(変態かな?)

今年の夏はほどよく暑く、ほどよく雨があればいい。

僕は下戸でビールが飲めないけれど、ビールのおいしい夏が来るといいね。

posted by ホーライ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

夢で逢えたら・・・・・♪

眠っている間に、僕は、結構、夢を見る。

夢というものは、奇妙奇天烈で、非論理的で、そして、たいてい、なんで、こんな夢を見たんだろう?と驚かせてくれる。

僕は決して、仕事中毒者ではないのだけれど、仕事関係の夢もよく見る。

それが、決まって、新卒で入社した新潟の小さなOTCメーカーの頃の夢ばかりで、最近の会社の夢とか10年勤めた外資系の製薬会社の夢は全然、見ない。

何故だろう? 一度、フロイト博士に聞いてみたいものだ。

そして、あまり大きな声では言えないけれど、女性の夢もたまに見る。

それも、決まって、妻の夢ではなく、中学生や高校生の頃につき合っていた女性の夢ばかりだ。(これはフロイト博士に聞かなくてもいいけれど^^;)

夢で良かった、と、ホッとする悪夢もごくまれに見る。(副作用が「悪夢」というイヤな副作用を持つ薬もあるよね。)

でも、まぁ、夢の99%は、どうでもいい、他愛のない、不思議な夢だ。

夢で、日頃のストレスが発散されているとも言える。

この人生も、誰かのどうでもいい夢の中のごく一部なのかもしれないね。

posted by ホーライ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

大阪で見ると「もやもやサマーズ」

●大阪での研修も、あと、残すところ1週間。

大阪だけどテレビで「もやもやサマーズ」という東京に特化した情報(お散歩)番組をやっていた。

大阪の人には絶対に役立たないだろうなと思っているが、僕は東京で欠かさず、毎週、観ている番組なので、助かる。

大阪の番組で好きなのはNHKでやっている「あほやねん、すきやねん」だ。

番組のタイトルにまず、圧倒されるよね。

これが大阪のパワーによる「つかみだ」。(もやもや、なんて言ってちゃ、相手に届かない。)
posted by ホーライ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

途方に暮れるホーライさん、なのでした。

生まれつき「理解が遅い人」ということは、ある。

GCPに限らず、なんでも、理解が遅い。

それは、言うなれば、その人の持って生まれたものだ。

そういう人をどのように組織の中で活かすか?

・・・・・・難しいよ。

でも、きっと、そういう人でも、活用する方法があるはず、と信じてやるしかない。

posted by ホーライ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

5月17日に静岡治験ネットワークで研修を実施致します

先々週から先週の某社での12日間、1日7時間の連続講義をやったもんで、心身共に疲労困憊だ。

研修をやっている時は疲れを感じないんだけれど、研修が終わると、いつも、グッタリする。

まぁ、それだけ、研修に集中して力を注いでいたという我田引水的結論を持っているんだけれど。

5月は6日から大阪で研修が1ヶ月以上、続く。(ちなみに5月17日(土曜日)は静岡県治験ネットワークの研修会で「GCPガイダンス研修」を4時間実施予定。あくまでも「ホーライ」として・・・・・・^^;研修の前半の2時間はGCPガイダンスのポイントを話し、後半の2時間は事例検討会。)

5月6日から6月6日の、この1ヶ月、僕はホテル暮らし。

ホテルで何をしているかというと、昨年は、「TOEIC」の勉強を主としてやっていたけれど、今年はSF/ミスティをメインに持参する予定。

TOEICの本も2、3冊は持って行く。

ホテル暮らしは味気ないけれど、通勤時間が「歩いて7分」になるので、ストレスがなくてよい。

きっとホテルでもネットを更新しているのだから、自宅にいてもホテル暮らしでも大差ないとも言える。

いかに、普段の生活が「ホテル暮らし」と似たり寄ったりであることが分かる、という意味では普段の生活がむしろ、味気ない。

味気ない人生に、自分でスパイスをかけてみる。(かけすぎないのがコツね。)
posted by ホーライ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

「劇団主宰者」を息子に持つと(その2)

劇団主宰者の息子に振り回されている。

自分のキャパシティを超えて、真面目で、責任感が強い息子が、悶絶している。

やることが多すぎて、何から手をつけていいのか分からないと、叫ぶ。

そんな息子に両親ができることは少ない。

少しアドバイスをあげ、自信を取り戻させ、なんとか、「ひとつの仕事」に集中させることにした。

劇団メンバーにどのように言っているのかわからない。

でも、とにかく、自分の「精神的」状況を伝えることができるようになった。

ひきこもりだった息子が20人近くの劇団員を引っ張りながら、演出とシナリオ作成ができるようになった。

それも、自分の力で。

親ができることなんて、ほんとに、少ない。(金銭的援助と、的外れかもしれないアドバイスをするだけだ。)


子どもは親を超えるが、親からみると永遠に自分たちの子ども。

その子どもが苦しんでいると、やっぱり、親も心が痛む。

なんとか無事に演劇の初日を迎えて欲しいものだ。
posted by ホーライ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

公文書開示請求で総合機構から開示してもらった

総合機構に公文書開示請求をして開示してもらった「GCP違反」等の指摘事項一覧を使って研修を実施した。

架空の研修ではなく、実際に総合機構が指摘した事例を使うと受講生も真剣になる。

それに「こんなこともあるんだ!」と想定外のことまで知ることができる。

研修の使命、役割は「疑似体験を早く体験させてあげること。」

この研修で新人にも3年分ぐらいのモニター経験を疑似体験をしてもらい、GCP違反を未然に防ぐ方法を考えてもらった。

研修の意義はそこにある。


posted by ホーライ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。