2011年10月03日

モニター導入研修の反省会

教育研修グループと「臨床開発部」と定期的に連絡会議をやっている。

今日は、月に1度の連絡会議。

そのために、せっかくの「社内うな丼大会」に参加できなかった(残念!)。



4月から始まった新入社員の導入研修とOJTを振り返った。

まだまだ色々と問題がある。

常に研修プログラムを改善していかないとね。



来年入社する新入社員に対する導入研修の検討はもう始まっている。

一人前のモニターを育てるのは「農業」と一緒だ。

規格通りに画一的に研修をするだけではだめだ。

新入社員の性格なども含めて全人格的に育てないと、将来、スーパーモニターになれない。

そのために、少しでも良いプログラムを考えるってわけだ。




■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


posted by ホーライ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

京都の舞妓はんは90人だって

きっと、本物の講師よりも京都の舞妓はんの数のほうが多いな・・・・・・・。(ネットで検索してみた。)


でしょ?






★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★
     ↓
やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽





●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

本物の講師と京都にいる舞妓はん、どっちが多いか?

今日は外注の研修を受けて(うちの会社が受託して)の研修を実施した。

総合機構からの指摘事項を、ただ、対策だけを聴くだけよりは、まずは自分の頭で「問題点」を探すほうが色々と考えてよかったというアンケート結果がもらえた。

そうなんだよね。

講師がただ、問題点と対策を簡単に話しても、それでは記憶に残らない。

そこで、あえて、受講者にも問題点と対策を5分間、考えてもらってから、検討を開始すると「頭脳」にいい。

多角的に問題を検討してくれるのもいい。

問題は「問題の提示方法と正解を提示するまでのプロセス」なのだ。

そこを考えて研修をしている講師がいったい、どれぐらいいるのだろうか?





★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★
     ↓
やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽





●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

研修で死んだ奴はいない(多分)

明日は新人モニターを対象とした「コミュニケーションの基本」研修で、明後日が「PMDA(総合機構)の指摘事例検討会」の研修、ということで2連荘です。

CROにとっては、新人モニターをいかにして1日でも早く一人前のモニターにするかが死活にかかっている。

だから、今年は、僕は、新人モニターに特化した研修を立て続けにやることにした。

プレゼン研修に、医師の性格別面談スキルに、QCから見たモニタリング報告書の書き方、プロトコルの逸脱予防策を考える研修、治験の促進を考える研修・・・etc.


考えられる限りの研修を、時間が許す限り、会議室の予約ができしだい、やる。

午前と午後で違う研修をやる、というダブルヘッダーも僕としては初めて挑戦する。

「会議で問題を解決する方法」なんてのもやる。

心配なのは、僕の体力だな・・・・・・・・。





★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★
     ↓
やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)
posted by ホーライ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

あなたのキャリアは会社ではなく、あなたが決めるのですから

今日で東京本社の新人のモニター任命試験が終わった。

まぁ、いろいろありますが、長い人生のたったひとつのステップです。

でも、このステップを利用して、是非、活躍して、僕をホッとさせてくださいね。

これからの社会人生では、今回のように常に「試験」や「順位付け」は何回も出てきます。

それがビジネスです。

自分はどういう社会人人生を歩みたいのか、この際、いろいろと考えておきましょう。


あなたのキャリアは会社ではなく、あなたが決めるのですから。




●本当に役立つ『名言・格言集、元気が出る格言・名言集、やる気が出る名言・格言集、心に残る名言・格言集、人生を変える名言・格言集、座右の銘集』のサイト
    ↓
名言・格言集、元気が出る格言・名言集、やる気が出る名言・格言集、心に残る名言・格言集、人生を変える名言・格言集、座右の銘集


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)



posted by ホーライ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

そんな時も、とにかく前に進む

「ブランド」研修の資料作成、終了。

今回は他の部署からの依頼で作成した研修なので、この第1版を提出し、何からあれば、改訂することに。

なんとか締切に間に合った。

参考にした本は3冊あるが、役に立ったのは、次の2冊だ。


「ブランディング」は組織力である (Harvard business review anthology)


企業を高めるブランド戦略 (講談社現代新書)



とりあえず、4時間の研修プランで作成。

場合によっては、この研修を2日分に増強することもありえる。

そんな時は課題とケーススタディを追加する予定だ。

この研修プログラムの検討を開始始めたときは、「いったい、どんなものを作ればいいんだ?」という皆目わからない、という状態だった。

そんな時も、とにかく前に進む。

動けば、何かが分かってくる。

そういうもんだ。








●●●『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)●●●
       ↓
『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ




人気ブログランキングへblogram投票ボタン
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング

posted by ホーライ at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

研修の意義は「模擬場面での仮想経験」と「安全な場」でチャレンジできることだ

モニター合同研修会のロールプレイで治験責任医師役を担当した。

研修を受ける意義は、このロールプレイに代表されるように「模擬的に経験値を上げることができる」ことだ。

未経験者を1日でも早く一人前にするためには、もちろん、「本当の」経験を積むことだけど、それを待っていると時間がかかる。

そこで模擬的に、仮想的経験を積んでもらうためにロールプレイやケーススタディという研修を受けてもらうことになる。



もう1つ、研修のメリットがある。

それは研修は「安全な場」である、ということだ。

新しい自分を発揮するために、あるいは挑戦的な課題を解決するために、リアルの場面ではいきなりすぎて、「怖い」と思うことがある。

しかし、研修の場では、リアルの場と違い、たとえ失敗したとしても「ごめん!間違えた」と謝ればすむ。(別に謝らなくても大丈夫だけど。)



そういう「安全な場」なので、思い切ったことを体験してもらう、その上で、それに慣れたら、今度は本番でそれをやってもらう、そのための心の準備となるのが「研修を受講する意義」の2番目のメリットだ。

だから、講師は「挑戦的な場面」を作ってあげる必要があるんだけどね。




人気ブログランキングへblogram投票ボタン
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。