2012年01月16日

臨床開発モニター、治験モニターへの道

「臨床開発モニター、治験モニターへの道」を再度、アップした。

昨日、何気なく、「そう言えば、モニターへの道を見直そう」と思い、アクセスしたらサイトが削除されていたので、今朝、4時に起きて、昔のパソコンなどを引っ張り出して、「モニターへの道」のファイルが無いか探した。

ようやく、保存されていたファイルを見つけて、今日の夕方、再度、アップした。
    ↓
http://monitorhenomichi.web.fc2.com/index.html



でもなぁ、このサイトを作ったのが2004年だ。

あれから8年。

今度、時間を作って、新しいバージョンをリリースしたい。


特にモニターに対する研修だけでなく、広く人材開発・人材育成という観点で構築したいな。

うん。

今年の目標がひとつできたぞ。

「臨床開発モニター、治験モニターへの道」(2012年版)の作成だ。








■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース ■■■
   ↓
最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース


■■■笑うな!(ジョーク集) ■■■
          ↓
笑うな!(ジョーク集)


●●●『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))●●●
       ↓
『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。




posted by ホーライ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

ひょんなことからホーライ製薬の名前が

今、研修プログラムのリニューアルを考えている。

そのために、入社して3年目の社員に対して、研修についてのインタビューを個別にやっている。

今日は3人の3年目社員にインタビューを30分ずつやった。

何故、3年目の社員なのかというと、3年モニターをやっていると、ひととおり治験の開始から終了まで経験している人が多いからだ。




今、リニューアルを考えているのは「新卒から3年でスーパーモニターを育成するプログラム」なわけなので、それで3年目社員に「今まで受けた研修で役立ったものは?」あるいは「こんな研修があれば、もっとよかったのに」というような項目をインタビューで探り出している。

で、今日の3人目の社員にインタビューしようとしたら、「研修とはちょっと離れれるのですが・・・・・」と言って、「これ、塚田さんが書いているものですよね」とホーライ製薬の一部をプリントアウトして持ってきた。

それは去年の10月に改定されたGCP運用通知について解説する、という設定のホーライ製薬のページだった。

で、その社員が「実はある施設の先生から、これすごくいいからこれ読んで勉強したら?」と言われて勧められたらしい。

GCPの運用通知が改定されたけれど、「これって、実際のところ、どうしたらいいの?」という改定の文章もある。

そこで、その施設の先生は「いったい、どうすればいいのか?具体的にはさ。」と思っていたら、ホーライ製薬に、そのヒントが出ていて、とても分かりやすくてイメージしやくて、何となく、どうしたらいいかの道筋が見えてきた、とのことだったらしい。

で、そのモニターは「あ、これは弊社の塚田が書いているブログです」と言ったらしい。

そしたら、「それなら、分かりやすくてよかったと言っておいて」ということで、そのモニターがインタビューで丁度いいので、こういう話を持ってきたらしい。


「ホーライ製薬」がそれなりにお役に立っているようで、何よりです。

最近は「このサイトいいよ」と言って、僕が作っているサイトをメールで僕に紹介してくれる人は少なくなったが、それだけいろんなところで皆さんが頑張ってくれて、ホーライ製薬よりもずっと分かりやすい解説をしていたり、面白い紹介をやっているサイトが増えたからだと思う。

それなら、それでとても嬉しいことだ。


やっぱ、「ホーライ製薬殺人事件」なんて書いている場合じゃないな、と思った次第です。








■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース ■■■
   ↓
最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース


■■■笑うな!(ジョーク集) ■■■
          ↓
笑うな!(ジョーク集)


●●●『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))●●●
       ↓
『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。



posted by ホーライ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

未承認薬、条件つき容認へ 重病患者を対象、厚労省方針

●未承認薬、条件つき容認へ 重病患者を対象、厚労省方針
     ↓
http://www.asahi.com/science/update/1227/TKY201112270117.html

やっとだね。

でも、治験が前提。

とにかく患者が死なないうちに是が非でも、一刻でも早く治験を促進するのだ。


そのために、僕は1日でも早く一人前のモニターを育成することで、難病の方へのサポートしたい。






■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース ■■■
   ↓
最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース


■■■笑うな!(ジョーク集) ■■■
          ↓
笑うな!(ジョーク集)


●●●『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))●●●
       ↓
『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


posted by ホーライ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

治験の補償について復習しましょう

新入社員に対するフォローアップ研修をやっている。

たとえば、「補償」について導入研修で5月頃に、一度は教えているのだが、その頃の新人と言えば、右も左も分からない状態で、そんなときに「治験に係わる補償」なんて話をしていても、すっかり忘れているよね。

だから、正式に各治験プロジェクトに配属され、実務をやり始めた、この時期に、もう一度、「補償」について復習の意味を込めてフォローアップ研修をやっている。

案の定、案外、新人たちは「補償制度」の理解があやふやになっていた。

でも、今日の研修でしっかりと理解してくれたようで、なによりだ。

今後も、実務を少しかじったぐらいでやったほうがいい研修項目をピックアップして、提供していきたい。

自動車免許を更新する時に「更新研修」をやるみたいに、モニター3年目とかモニター5年目に、そういう研修をやっていくのもいいな。

いろいろとアイデアはある。

あとは実践あるのみだ。




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

ルールが変わったら、戦い方も変わるわけですよ

噂によると、先日改訂されたGCPの運用通知についてまだ研修すらやっていない会社もあるらしい。

それはいけないですよ。

「これは今後やらなくてもいい」というのはいいけれど、「今後、これはやってくださいね」というのもあるのだから、今、すぐにモニターとQCを集めて研修をやろう。

たとえば、検査機器の精度管理を確認することが新たに求められているんだよ。

ね?

「わが社にはそういう研修をやる部署がないので」なんて言ってないで、あなたがやればいいのです。

集合研修が難しかったら、とりあえず今回の改訂のポイントを書いたメールをモニターとQC全員に配信するのだ!

ルールが変わったら、戦い方も変わるわけですよ。

ね?

僕はそう思うんだけどな・・・・・・・。




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

どんなモニターを育てたいのかというと

明日から日曜日まで新潟の実家に帰ってくる。

母親のうつ病の症状の出方が頻繁になってきたためだ。

2週間に一度、3日間ぐらい、うつ症状が出て、寝込んでしまう。

アモキサンを20mg飲んでいるのだが、もう少し多く服用すればいいと思って、そういうと主治医が「薬を多くして、ボーとしって、ころんで骨折するといけないからだめ」ということで服用量を多くすることはできないとのこと。

我が家の弟がその主治医に、そういう指示を出したらしい。

弟も精神科医だから、むげにはできないが、もう少し「楽な」指示を出して欲しいもんだと思う。

専門医と一般ピープルの間の「気持ち」に温度差があるよね。

治験でもそうだけどさ。

プロトコルで簡単に「ウォッシュアウトが4週間必要」とか書いているけれど、その4週間は患者には苦痛なのだ。

そういうところを意識できるモニターを育てたい。



●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)

posted by ホーライ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

GCP運用通知が改訂されました。

GCP運用通知が改訂されました。

詳細はこちら
  ↓
http://www.jmacct.med.or.jp/report/files/gcp111024.pdf


posted by ホーライ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

今さら誰にも聞けない治験のあれこれ

安全性情報と治験の補償について研修を実施した。

研修後のアンケートを見ると、普段は何気なく素通りしていて、いざ、正確な知識は?と聞かれると、ん? となるようなこで、今さら、誰にも聞けないことが、今日の研修で聴けたのでよかった。

ということでした。

そうなんだよね。

意外と基礎的なことや素朴な疑問って、ず〜〜っと、胸の奥に積もっているんだよね。

その積もっているのをくずすのを手伝うのが僕の仕事です。

明日はGCPのグレーゾーンについてやります。

「今さら、誰にも聞けないこと」をどんどん聞いてください。

それに答えるのが、僕の修業になりますから。



★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★
     ↓
やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽



●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)
posted by ホーライ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

初めてのモニタリングの予習としてホーライ製薬を使っていたという人に出会った。

昨日、他社のモニターとQC担当者の方を対象とした研修を行った。

そしたら、研修が終わったところで、急にモニターの方が「ホーライ製薬ではお世話になりました」と言ってくれた。

「新人モニターの時は、ホーライ製薬で予習してから実際のモニタリングに行きました。ホーライ製薬を知らないモニターなんてモグリのモニターです。」とまでおっしゃった。

ありがたいお言葉です。



僕自身は「楽しくて」更新しているホーライ製薬だが、それが少しでもお役に立てれば何よりです。

僕が「ホーライ製薬」をネットで立ち上げた頃(2003年)やさらにもっと前に立ちあげていた「医薬品ができるまで」(2000年)から比べたら治験そのものに関するネット上の情報は圧倒的に増えた。

治験に関連するセミナーも所謂「セミナー屋さん」がメインだった頃からみると、現在は様々な学会や研究会や大学単位がセミナーやシンポジウムを開催している。

「治験 セミナー」という単語で検索すると938,000 件ヒットする。

ほぼ100万件だ。

(ちなみに「ホーライ製薬」で検索したら24,800 件ヒットした。へぇ〜〜!だ。)



セミナーは多くなったが、本当にそれが身につくかどうかは受講者次第だ。

(もちろん、その前に「役立つセミナー」という前提があり、そのためには「優秀な講師」というのが必要になる。)



時代は既に、治験の情報を活用する時代になっている。


●●●『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)●●●
       ↓
『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ




人気ブログランキングへblogram投票ボタン
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング



posted by ホーライ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

「患者が怠けてもモニターは死にませんが、モニターが怠けると患者が死にます。」by ホーライ

モニター合同研修で「安全性情報の取り扱い」という研修のコマを担当した。

新人モニターの研修で必ず吐くセリフが3つある。



1)「患者が怠けてもモニターは死にませんが、モニターが怠けると患者が死にます。」

2)「プロトコル逸脱、GCP不順守で患者さんのデータを削除します、というのは患者さんの命に対して失礼です。」

3)「GCPは知っていてあたりまえ。「知っている」と「できる」との間は2万光年ほどの差がある。さらに「常にやっている」を目指し、最終的に行きつくところは「治験責任医師や治験分担医師にGCPやプロトコルを守らせる」という、そのレベルにまで行かないと意味がない。」


と、こういうことを言うと、新人たちはしっかりとメモを取ってくれる。

受講者が眠ってしまう研修には理由があり、同時に、受講者が眠らない研修にも理由がある、のだ。


「いけていない」講師は受講者が寝ていると怒る。

勘違いも甚だしいよね。



人気ブログランキングへblogram投票ボタン
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング



●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)
posted by ホーライ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。