2014年09月02日

受講生頼りのセミナーだもんで

浜松の「あり方会議」で僕も参加するセミナーがいよいよ大詰めを迎えてきた。

皆様、お忙しい身なので、ほとんど、メールで検討をしている。

僕が絡むのは「モニターとCRC(治験事務局)との間でコミュニケーション上の問題がありませんか?」というもの。



コミュニケーションって、難しいよね。

言い方ひとつで、こじれたり、スムーズに行ったりする。

コミュニケーションの上手な人って、確かにいる。



いっぽうで、「あいつ、言い方さえ学んだらな」と言われる人もまれにいる。

人間はコミュニケーションを通じて社会活動を送ることができる。

社会活動の、その根幹のコミュニケーションをちょっと工夫するだけて、誰もがハッピーに仕事ができたら、どんなにいいことだろう?

コミュニケーションがうまくいかないために、ものすごく、苦労している人もきっといらっしゃることだろう。

ビジネスの永遠のテーマのひとつである「コミュニケーション」をあまり深刻にならず、だけど真剣に考えてみるというのが、今回のセミナーの主題だ。

(もうひとつのビジネスの永遠のテーマは「整理整頓」だ。)


唯一の正解はでないけれど、なにかに気づくセミナーになるよう頑張ります。

ところで、最近、あなたのパートナーとコミュニケーションは取れていますか?

posted by ホーライ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

●僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

ただ、「ルーチン化」させないように工夫をしている。

僕は何が嫌いかといって、「ルーチン化」された仕事を淡々とこなす、ということほど嫌いなものがない。

だから、講義のやり方に工夫を凝らす。

それは、もちろん、第一義的には「受講者が楽しく、有意義に学べる研修」を作るためなんだけれど。

だけど、自分としても、「いつもの研修をいつものように」繰り返すのが苦痛なのだ。

だから、ちょっとでいいから、工夫をいれたい。(たとえ、結果的に失敗だったとしても。)


仕事が「ルーチン化」すると「思考」が停止するんだよね。(僕の場合。)

これほど、怖くてつまらないことはない。

posted by ホーライ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それはそうと、大変な日々が続く

僕がリアルで働いている会社の東京本社でのモニター任命試験は終了。

今日から大阪支店での任命試験が始まる。

新人にとっては、怒涛の4日間だ。



ただ、僕はそうも言ってられず、先輩社員たちに継続研修を提供しないといけない。

来週の月・火曜日は「組織に貢献する」というテーマで研修を実施する。



いろんなテーマで1年間研修をやっているけれど、実は「能力マップ」というものを作り、それに基づいて、かなり体系的に研修を組んでいる。

また、モニターのみんなは必ず1年に1回は「GCP統一テスト」を受験して8割以上をとらないといけない。

この統一テストに合格するには4回実施される「GCP生涯教育」という研修を受講しないといけない。



とまぁ、新人たちも大変だけど、先輩社員も大変な日々が続く。(もちろん、講師の僕も大変な日々が続く^^;)

posted by ホーライ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

それぞれの人生が始まる記念すべき初日が終わった。

新入社員のモニター任命試験の4分の1が終わった。

自分の成果に満足している人も不満だらけだという人も、とにかく、終わって、お疲れ様でした。



モニター任命試験は治験責任医師役の講師を相手にロールプレイをする。

その後、審査員から矢継ぎ早に質問を受ける。


普段どおりにやれる人もいるし、緊張のあまり普段の10分の1も力を発揮できていなと思える人もいる。

逆に「お!」と思うぐらい、「一発勝負に強い」というか「本番には強い」というタイプもいる。


新入社員のモニター任命試験のころはパッとしかしなかった人でも、3年もモニターをやっていると、「ものすごく成長」する人もいる。(大化けするってやつだ。)

まぁ、とにかく、これも人生の中のささやかな試練だと思って乗り切ってください。

僕が今、新入社員だったら、モニター任命試験は確実に落ちるな。

「生意気だ」ということで。。。。。。


posted by ホーライ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

最期の砦を突き抜けろ

今週で新入社員の導入研修が終わる。

明日から4日間に渡って、「モニター任命試験」が続く。

この日のために4月からの5か月間の全てが有ったのだ。

モニター任命試験を合格すると、晴れて、プロジェクトに正式に配属される。

とにかく、悔いが残らないように全員、力を出し切って欲しい。

僕たち、講師陣も試されているようなものだ。


posted by ホーライ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

モニター任命試験まで、あと2労働日!!

僕がリアルに働いている会社の新入社員のモニター任命試験まで、あとわずかになった。

この時期、毎年、新入社員はピリピリしてくる。

講師をやっている僕もひっぱりまわされ、ロールプレイにつきあう。


任命試験では時々、自分の力を100%発揮できない人がいる、というか、だいたいが100%発揮できない。

頭の中が真っ白になるような質問をする審査員もいるからだ。

下手すると普段の30%ぐらいしか力を発揮できずに、泣いてしまう新人もときたまいる。

大事なことは自分を信じて、平常心で臨むこと、それぐらいしか、もう僕に言えることはない。

新入社員のみんなが悔いのないように任命試験をおえることを祈るばかりです。(親心としてね。)



posted by ホーライ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

国家間のコミュニケーション不足は戦争を呼び起こすけれど

●「CRCとあり方会議」の打ち合わせをやった。

久しぶりだったなぁ、日大板橋病院。

20年ぶりかな。

まぁ、打ち合わせは無事に終わり、方向性が見えてきた。

CRCの方もモニターの方も、治験に関連する業務の方は全てが対象だと言ってもいい。

なにしろ「コミュニケーション」の問題なのだから「夫婦のコミュニケーション」にも使える研修となっている。

人間の世界は極論言うと「コミュニケーション」につきる。

コミュニケーションによって、世の中は成立しているし、ありとあらゆる間違いがコミュニケーションの問題とも言える。

国家と国家の間のコミュニケーション不足が「戦争」になることもありえる。

まぁ、そんなだいそれた話にはなりませんせが、社会生活の基本となるコミュニケーションを考える場になれば成功です。

posted by ホーライ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

インターンシップの初日が無事に終了

学生のみんな、疲れたよね。

普段、使わないような頭の使い方をしたもんね。

なにしろ、いきなり「あなたにとって働くとは?」なんているグループワークがあったり、ヘルシンキ宣言があったり、ね。

明日は、朝から夕方まで僕がひとりで、みんなをモニターの仕事に誘います。

僕も一生懸命やるから、みんな、ついてきてね。

もちろん、ユーモアもあり。

考えさせられる事例もあり。

けっして、飽きさせないからね。

ひとりでも多く、モニターの仕事のやりがいを感じてもらえたら、と思っています。

明日は、よろしく!!
posted by ホーライ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

インターンシップ!!

●娘は今、大学院生の1年生だが、来週から、インターンシップに行くらしい。

某医療用具を製造販売している会社に4日間、通うらしい。


そうこう言っているうちに、実は、僕も来週、自社に来るインターンシップの学生を対象に講義をしないといけない。

でも、講義ばかりだとつまらないので、治験責任医師とろのロールプレイや、模擬治験申請書の作成などのように体験型のインターンシップを実施する予定。


まぁ、たかだが3日間のインターンシップでモニターの醍醐味が分かるとは思えないけれど、それでも、少しはモニターとは何をする人なのか、イメージしてもらうようにしたい。


最近では、就職の面接でで、どうやらモニターは試験管を振って実験している人と勘違いしている学生もいる。

そんな大きな誤解だけでも解いてもらい、一人でも優秀な人材が自社に入ってくるとを期待しながら、講師をすることにしよっと。

(なんか、最近、仕事をやり過ぎだな。自重しよっと。)


posted by ホーライ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

人物評価の難しさと虚脱感

新入社員がOJTに移って、そろそろ2カ月が過ぎようとしている。

この頃から、座学の時のその新人の評価とOJTに移ってからの評価が乖離することが出始める。

座学の時は、絶対にモニターには無理だろうなと思っていた新人もOJTになると「水を得た魚」のようになる人がいる。

まぁ、そうそう評価が乖離することは無いんだけれど、皆無というわけではない。

ここが、人物評価の難しいところだ。

さらに、もっと難しいのはOJTでは良かったのに、本番のモニターになったら、期待通りではなかった、という人もいることだ。

こういうことを恐れていては人物評価はできないし、そういう現実を何年も見てきて、それなりに人物を見る目も肥えてきたとは思うけれど、難しい。

そんなに甘くない。

想定外に活躍する人、期待に応えられずに挫折する人、それぞれだけど、人生はこれだけではないからね。

きっと、あなたに会った職種があるはず、と、そんなセリフはなるべき言いたくないんだけれど、さ。


posted by ホーライ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。