2014年11月22日

「疾風怒濤」のごとく、あるいは「七転八倒」のごとく、または「突貫工事」のような1週間

死んでます。

はい、ようやく、昨夜の深夜にとりあえず、仕事の山を越しました。

この仕事の物語は先週の金曜日の午後4時ごろのメールから始まり、月曜の社長訓話で決定され、火曜日から金曜日までの研修資料を阿修羅のごとく作った。

普段、僕はオフィスの中を動くときは、のんびりと歩いている。(まぁ、普通だ。)

だけど、この1週間、とくに水曜日から金曜日までは、社内を文字通り、走り回っていた。

早朝会議、緊急会議、メールでの突然の計画変更連絡・・・・語り始めたら、きりがない。


しかし、本番は3連休明けの来週からだ。

(モニターのみんなは、多分、この3連休も宿題に追われていると思う。)

通常業務は一切、ストップし、社長命令の仕事を最優先で、というか、それのみのオンリーの仕事をやり続けた1週間。

大変だったけれど、これで、成果が出なかったことを考えると、そちらのほうがもっとこわい。

きっと、年内は少なくとも、こんな日々が続くんだろうな。

普段の継続研修はほかの講師にお願いする。


う、頭が痛い、、、、などと言っている暇もない。


posted by ホーライ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409366121

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。