2014年10月11日

中学校の英語の教科書を読み、なおかつ、感心する

英語の勉強の仕方を書いた本を読むと、必ずと言っていいほど、中学3年生の英語の本を音読するように書いてある。

もちとん、文法もそこから学ぶ。


中学校の教科書って、普通の本屋さんに頼めば仕入れてくれるけれど、普通の本より入荷するのに時間がかかるらしい。

それと、せっかくだから、中三の英語の教科書をネイティブが読んだ音源も欲しいので、近所の本屋さんで、いわゆる「教科書ガイド」(昔は、あんちょこ、って言ったもんだ)とCD音源を購入した。

それで、あらためて中三の教科書を読んで分かったのだが、本当に良く言われるように中三の英語でも結構なことが言える。

たとえば、今日、僕が読んだ中三の教科書の中で気に入ったフレーズは次のやつ。

「We are one with the forest.」

「私たちは森と一体化しているのだ。」

「Future generations will continue to live with them.」

「未来の世代は森とともに生き続けるでしょう。」


(いずれも、「ニュークラウン:中学3年生用」より抜粋。)


ちなみに、高校受験用の英語の問題集も5冊ほど買ってきて、やってみた。

あたりまえだけど、スムーズに答えられると嬉しい。

普段、TOEICの小難しい問題に答えられずに自信喪失しかかっている時に、こういう自信をつけさせてくれる教材も捨てがたい。

そうでないと、英語のトレーニングなんて、続けられないもんね。

人間なんてさ、苦しいだけじゃダメだよね。

posted by ホーライ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。