2014年09月25日

仕事にけりがついたけれどさ

●この数週間、僕を悩ませてきた仕事に「ケリ」がついた。

果たして、関係者全員にとってハッピーなケリがついたかどうか、というのは自信がない。

少なくとも、僕にとっては不本意な結果となった。

だけど「仕方がないか」という結果でもあった。

僕も長く社会人をやっているので、こういうこともあるさ、と諦めている。

問題は、何故、こういう事態が発生したかを分析することだ。

そう思う反面、仕事を長くやっているうちには、仕事の限界を超える事態もしょうがない、と、これまた諦める。

「諦める」ということを覚えるのも「成長」した証だと自分を慰めている。

僕にはそれだけが仕事ではなく、常時、数十の仕事を抱えているのだから、と。

それでも、果たして、これで良かったのだろうか、という疑問は持っているのも事実だ。


あ〜ぁ、仕事って楽しいけれど、時にはそうも言ってられないことがあるよね。(あまりにもあたりまえのことだけどさ。)


posted by ホーライ at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405979246

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。