2014年08月21日

僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

●僕の1日は平凡で、心躍るような1日は期待できない。

ただ、「ルーチン化」させないように工夫をしている。

僕は何が嫌いかといって、「ルーチン化」された仕事を淡々とこなす、ということほど嫌いなものがない。

だから、講義のやり方に工夫を凝らす。

それは、もちろん、第一義的には「受講者が楽しく、有意義に学べる研修」を作るためなんだけれど。

だけど、自分としても、「いつもの研修をいつものように」繰り返すのが苦痛なのだ。

だから、ちょっとでいいから、工夫をいれたい。(たとえ、結果的に失敗だったとしても。)


仕事が「ルーチン化」すると「思考」が停止するんだよね。(僕の場合。)

これほど、怖くてつまらないことはない。

posted by ホーライ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。