2014年07月29日

土用の丑の日だからと言って

「夏バテ防止のために土用の丑の日にウナギを食べる」風習は、夏場の売り上げ不振に悩んだ鰻屋に請われて、平賀源内が考案した「本日土用丑の日」という広告キャッチコピーが元との説がある。

今日は、その「土用の丑の日」。

日本の風習を重んじる妻は、しっかりと「ウナギ」を買ってきた。

僕は、昔は、ウナギが好きだったのだが、いつの頃からか、だめになってしまった。

人間って、年齢を重ねると「好み」も変わるもんだね。


ところで、平賀源内は、明和6年(1769年)にはCMソングとされる、歯磨き粉『漱石膏』の作詞作曲を手がけ、安永4年(1775年)には音羽屋多吉の清水餅の広告コピーを手がけてそれぞれ報酬を受けており、これらをもって日本におけるコピーライターのはしりとも評される。

平賀源内のように、その時代に収まりきらない人って好きだ。

今で言うと「北野武」や「ビートたけし」のように。(これは変換ミスでもなく、書き間違いでもない。「北野武」も「ビートたけし」もそのどちらの役割の時でも彼は時代を超えている。)


せっかくだから、もちろん、うなぎも一口食べ、麦茶を飲み、うだうだと時代を眺めるかな。


posted by ホーライ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。