2014年07月25日

ラジオはテレビほど複雑ではなく、掃除機ほど重くない。

●ラジオはテレビほど複雑ではなく、掃除機ほど重くない。

僕にラジオは欠かせない。

特に「音楽」無しで生きていけない僕には「音楽」の入手にラジオが欠かせない。

新曲から「懐かしのメロディ」まで。

音楽が無くても生きていけるだろうけれど、きっと無味乾燥な人生となったことだろう。

「ヒット曲」でなくても、今の自分の人生の心の琴線に触れる曲がある。

「お!いい曲だ」と思ってもタイトルを聞き逃すことがあるけれど、今は、そのラジオ局のホームページに行くと、今、流れている曲名が紹介されているので便利だ。

ちなみに、今、ナック5から流れているのは井上陽水の「心もよう」。

僕が中学2年の時に流行った曲だ。

今、この瞬間、僕は14歳。

たった1曲が人生を左右することさえある。

「心もよう」もそうだ。(吉田拓郎の「春だったね」と同様に。)

もし、無人島にいくならラジオを持って行くな。



posted by ホーライ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。