2014年06月14日

息子は『思春期挫折症候群』で父は『思秋期突入予備軍』

NHK TVの「55歳からのハローライフ」を観た。(村上龍原作)
   ↓
http://www.nhk.or.jp/dodra/hellolife/



僕もそろそろ定年後のことを考える年齢になってきた。(今、54歳だ。)

外資系で働いていたら、まず、間違いなく「早期退職制度」の対象者だね。

思春期も過ごすのが大変だが、実は思秋期も大変そうなのだ。(まだ、実感がないけれど。)

気力も体力も衰え始めて、夫婦ともに健康面で心配事が増え、記憶力は低下し、判断力が鈍くなってきている。

だけど、それは「当然」なのだ。

だから、それはそれとして受け止める。

何故ならば、人間は「今、現在」にしか生きられないのだから。

過去の思い出や未来の不安感の中を生きることは物理的に不可能で。

人間は何歳だろうが、その「今、現在」を生きるしかない。

だったら、今を謳歌するのだ。

でしょ?




posted by ホーライ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。