2014年06月13日

人は何故、苦しいのにイライラし続けるのか?

●人は何故、苦しいのにイライラし続けるのか?

この本で、ひとつ、腑に落ちた。
 ↓







たとえば、「あの人が、あの時に、あんなことを言ったから、僕の人生は台無しになったのだ」と思って、イライラしたとする。

で、イライラしなくてすむには、「あの人の、あんなことを言った」ことを受け流せば(許せば)いいのだ。

でも、そうすると、「あの人が、あんなことを言った」ことを許してしまうことになるのは、許せない!という複雑な構図になる。

そんなこと、許せない! と思うから、イライラし続けるのだ。

「あのせいでこうなった」という言い訳はよく使う。

もし、あれがなかったら、今の人生はもっと素晴らしい人生になっていたはずだ、なんて思う。

でもそれは「被害者モード」に入っているので、間違いなのだ。

そんな非生産的なことにエネルギーを使わずに、今のことに全力をあげればいいのだ。

なんて、ことを思った、本日なのでした。



posted by ホーライ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の状態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。