2014年06月05日

モニターは浅くてもいいので、幅広い知識が必要。(そして、その理由)

同僚の講師が行った「疾患と治療」の研修を受講生として講義を聴いた。

やっぱさ、たまには、復習の意味も込めて、講師と言えども、最新の「疾患と治療」の研修を受けるべきだよね。

モニターは「浅くていいので、広い、病気と薬の知識」が必要だ。

何故なら、たとえ「更年期障害」の治験を担当しても、被験者が「乳がん」になることだってあるよね?

だから、とりあえず、全ての領域を浅くてもいいので、網羅した知識が必要なのだ。


posted by ホーライ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。