2014年05月05日

「安直」を「ものにする」方法。

5月は、大阪でまるまる1ヶ月、ホテル暮らしが続くし、例年にない仕事も入ったので、「ホーライ製薬」や「医薬品ができるまで」や「GCPメル“ガマ”」を前倒しで書いた。

こんなふうに週末に「治験ネタ」を書いて過ごすことが、10年以上、続いている。

妻は呆れている。

もちろん、家族のことを放置して、ネットばかりやっているからだ。

そんな妻からの攻撃をかわすために、子どもたちが小さかった頃は、できるだけ休日は公演に連れていったり、連休には家族旅行をした。

でも、公演で子どもたちと遊んでいる時も、(正直言って)治験ネタのストーリーを頭の片隅で考えていた。

最近はホーライ製薬もオリジナルな物語形式をやめて(だって、これが無茶苦茶、大変だったから)、ガイドラインのコピペでお茶を濁している。

とは、言っても、長いガイドラインのどこを選んでコピペするのかを考えたり、抽出する作業だって、結構、大変なのだ。

でも、そういう安直な行為をせざるをえないために、必然的に、僕はガイドライン等を全文、読むことになる。

これも、アリ、だなったと思った。(特に、僕にとっては。)

とにかく、短時間で、ガイドラインを斜め読みして、気になる点を写す。

何が重要か、何を読者は知りたがっているのか、という視点を持って、ガイドラインを斜め読みする。

これはこれで、ガイドラインを「ものにする」やり方だな、と我田引水的、言い訳をしている昨今ですが、皆様は、お変わり、ありませんか?

posted by ホーライ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。