2014年04月28日

新たな方向が見えてきた(らしい)息子との『血の繋がり』。

多摩美術大学を出て演劇集団の主宰と脚本家だった息子が「やりたいことが見つかった」と深夜2時にやってきた。

聞いていみると「心理学か、エニアグラムをかなり真剣に学びたい。そして、それを使って生活費を稼ぎたい」とのこと。


【エニアグラムとは?】

エニアグラムは個人の特性を9つのタイプに分類します。

「エニアグラム」という言葉は、ギリシャ語で「9」の意味を持つ「エネア」と「図」の意味を持つ「グラム」の合成語で「9つの点を持った図」を意味します。

人間には9つの性格タイプがありすべての人はそのうちの一つに当てはまると言われております。

「エニアグラム」の詳細はこちら。
  ↓
http://shining.main.jp/enneagram/



息子も僕と同じで、何かをやっていないと苦しいらしい。

何もやることがなければ、ゴロゴロしていればいいと思うのだが、本人はそうもいかない。

「やる気」が出ないこと自体に罪悪感を感じる。

まるで若い頃の自分を見ているようで辛い。

多摩美大の舞台芸術科を出た息子だが、どこかの大学の心理学部に社会人入学することを考えているようだ。

なので、僕が持っている「心理学」関係の本を息子に渡す。

実は、僕も心理学に興味があって、その手の本をかなり買っていたんだよね。

血は争えない、とはこのことだ、と納得する。




posted by ホーライ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。