2014年01月21日

地震と加齢は避けられない自然現象なのだから

今年の1月17日で、「阪神淡路大震災」からまる19年経つ。

当時、10歳で亡くなった少年が生きていたら、もう30歳、という歳だ。

月日が経つのは速い。天災は忘れたころにやってくる。

首都直下型の大地震も長期的に観れば必発だ。

こればかりは、今の科学を持っても「未然に」防げない。

だから、どれだけ、普段から地震に備えているか、だね。

僕は通勤鞄の中に「災害時に歩いて帰宅できるマップ」を常に入れてある。

会社の机の中にも「カロリーメイト」を何箱が入れてある。

話は80億光年も飛ぶが、1月17日は僕の誕生日でもある。

今年で54歳だ。

「歳をとる」というのも、今の科学を持っても「未然に」防げない。

防災と同じで、やっぱり日頃から「いつ死んでも後悔しない」生き方をすることだね。


posted by ホーライ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。