2014年01月20日

バリアフリーと簡単に言うが

医師の了解を得て、母を2泊だけ実家に帰宅させた。

これは僕が安易に考えるほど簡単ではなかった。

まず、古い家なので、車椅子を使えるようにできていない。

広くない。

段差がある。

体を支えるものがない。

半身不随の母を2泊させただけなのに、クタクタになった。

まず、夜は2時間おきにトイレまで右足が動かない母を父と協力して連れていかないといけない。

ごはんも「ウイダーインゼリー」みたいな流動食のようなものを食べさせる。

紙おむつを変える。

肌着を着替えさせる。

こういうことに慣れていない僕と父は何をするにも汗だくだった。

しかし、このたった2日間でも、僕と父は半身不随の母への対応のコツもつかめた。


母はこれから介護施設に入るが、これからも1ヶ月に1回は自宅に連れ帰りたい。

僕がクタクタになろうが、母にとっては今や、それだけが幸せなのだから。



posted by ホーライ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。