2014年10月10日

70年代を青春した人には涙なしでは聴けないね

今日のケーズトランスミッション(坂崎司会)のゲストは元ガロのボーカルこと大野さん(「学生街の喫茶店)、そして元「かぐや姫」で元「風」の伊勢さん(「22歳の別れ」とか「なごり雪」と太田ひろみさん(「木綿のハンカチーフ」の作詞は元はっぴいえんどの松本隆。僕はデビューしたての太田ひろみさんを東薬の学園祭で観た)>

この3人が「なごみーず」というグループで活躍しているんだけれど、ラジオの番組はもう、フォークソングの大合唱!!

涙が出ちゃうね。


「なごみーず」
  ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%94%E3%81%BF%E3%83%BC%E3%81%9A


ガロの「美しすぎて」がA面で「学生街の喫茶店」がB面だった逸話とか、かぐや姫の「加茂の流れ」の即興演奏をやったりね。

太田ひろみの「木綿のハンカチーフ」の「なごみーず」版も最高だ。

この「なごみーず」は今年で10周年だそうだ。

知らなかったなぁ、この3人がこんな活動をしていたなんてさ。


ちなみに今、現役で全国をまわるコンサートをやっているグループで最長で解散していないのは「ジ・アルフィー」が唯一だってさ。

これまた、すごいな。



posted by ホーライ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息子と人生を語る時に、ワクワク感を語ることについて

今日も、息子と話し合った。

息子は「やりたいことが見つからない」と言う。

「やりたいことがあっても、その方面の才能が僕にはない」とも言う。

これは難しいことだ。

だから、自分がこれまで何かをやって「ワクワク」したことがないかを考えさせた。

彼のキーワードは「創作」だった。

ただ、その「創作」も「締切」があると、とたんに苦しくなり、魅力が感じられなくなるらしい。

それと、その創作物(今は、小説らしい)が評価されないとだめらしい。たとえば、何かの賞を受賞したいらしい。

ならば、「創作している最中のワクワク感そのものを大事にし、それだけで小説を書き、書き上げたら、ついでに、どこかの賞に投稿したら?」という話をした。

僕が会社で若い人たちに言っていることと同じことを息子に言っている。

僕はどうやら、そういう星の下に生まれたらしい、とつくづく思うね。

posted by ホーライ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

英語の「学習方法」を「学習する」

社内でTOEIC受験が必須になったこともあるし、治験も国際化が進んできた。

それで、社内の人間から「英語の勉強方法はどうしたらいいですか?」という質問が増えてきた。

今までは、自分の経験を話してきたけれど、ここはひとつ、もっと効果的な学び方がないかと、英語学習のノウハウ本を読み漁った。

結論を言うと、基礎から地道に学ぶ、という当然の帰結に落ち着いた。

語彙を増やし、文法を学び、英語構文を理解したら、あとはひたすら英語を「速く」読み、英語を「速く」話すトレーニングを積む。

語彙はどれだけ覚えたらいいですか?というのもよく質問されるが、僕の答えは「片っ端から全て」だ。

具体的に言うと「英検1級」クラスの語彙まで全て覚える。

英語の勉強方法も3か月ぐらいを目安に集中的にTOEICの勉強をする。

TOEICの勉強ばかりやっていると食傷気味になるので、そんな時は簡単な英語のペーバーバックを読む。

「英語に王道はない。」

それが結論だ。

と、言っても、ここには書けないぐらいの学び方があるので、それは社内の人たちには伝授しているけれどね。(語彙の効果的な覚え方とか。)

posted by ホーライ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

息子と人生を語り合う

「思春期挫折症候群」で「自閉症スペクトラム症候群」の息子が人生の迷い道にはまりこんでいるようなので、じっくりと膝を寄せ合って、妻と息子と3人で話し合った。

息子は高校受験で慶応大学附属高校と早稲田大学の付属高校を合格し、早稲田のほうに進んだのだが、その高校をドロップアウトしてサポート校に行き、高校を出たあと多摩美術大学にいき、そこで劇団を立ち上げた。

息子は幼稚園に入る前から「場面寡黙症」で、人前では固まってしまい、ひと言も話すことができなかった。

それが大学生になったら、人前で演劇をするようになるなんて、夢想だに思わなかった。

その劇団がうまく行っていない(と言うより、息子がうまくいっていない)。


時々、息子は「何故、早稲田高校を辞めさせたの?もし、あのまま早稲田に行っていたら、一流大企業に入って成功していたのに。」と言う。

そして、早稲田をドロップアウトしたことを見返すために劇団や小説などで成功し、人から評価されることで、早稲田高校を辞めたことを後悔しなくなる、という論理で親に詰め寄ってくる。

でもって、今は「自分は何をしたいのか分からない」という。


親としては過去を引きずらずに、将来に目を向けるように言う。

そして、早稲田大学にいけずに多摩美大を出たことで、だからこそ、大企業に勤めなくても「幸せな」人生を生きられることを説明する。

とりあえず「シナリオ作家養成専門学校」に行くたいという希望を息子が持っているので、それを親としても勧めた。

それと、自分が本当にやりたいことで食べていける人は世の中にはそんなに多くなく、「とりあえず、どこかの会社に入って、現実と理想の妥協点で生きている人が圧倒的に多い」ことを言う。

こんなに人生のことを息子と妻と三人で話すことは初めてだ。


息子に人生について語り合うために、僕自身がまず、自分の人生を振り返った。

難しい息子だが、そんな息子を持ったからこその親の生き方をしている、というなんだか、自分勝手に良い方向に無理矢理解釈している日々が続いている(そうでもしないとやっていけないからね)。


posted by ホーライ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

台風のおかげで、まったく!

昨夜、会社の緊急連絡網を通じて、「明日は台風が来ますので、無理して会社に来なくていいですよ」ときたので、トーゼン、僕は「無理して」会社には行かなかった。

お昼過ぎには台風も過ぎて、なんなら会社にも行けるぞ!という環境になったけれど、これまた、トーゼンながら会社に行かなかった。

で、会社にいかずに、今日、一日、何をやっていたかと言うと、「ビジネス英語をトレーニングするための本」をアマゾンと楽天で漁っていた。

それでなくても、猫の額の僕の書斎はTOEIC関係やビジネス英会話関係の本で埋もれているのに、まだ、それに懲りずに漁っていた。

今日、購入した本がやってきたら、どこにしまおうかと悩みながらも(本当にさ、「本」って、捨てられないし、リサイクルにも出したくないんだよね。思い出があるので)ありったけのビジネス英会話関係の本を買った。

いつも妻が言うのだが「あなたが死んだら、この英語の本は全部、廃品回収行きね。でもって、こっちの古めかしいけど絵本関係は(そのうち、生まれてくるであろう)孫のために取っておくね」ということになる。


一時、流行した「断捨離」の本の中にもこう書いてあった。

「あなたの思い出の品も、あなたが死ねば、全てただのゴミ」

まさにね。

でも、まぁ、生きている間は、好きにさせてもらって、いろんな本を買って、没頭する(購入することに没頭かつ読むことに没頭)ことで、許してもらっている。

まったく、台風のおかげで、結構な、散財をしてしまった。

だけど、こんなことなら、会社に行けば良かったと、つくづく、全く思っていない。

posted by ホーライ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

「あり方会議」をきっかけに天文学的に増加した友人と「家康くん」

金曜日から日曜日にかけて浜松市で行われた「あり方会議」に参加した。(ちょびっと、講師もやったので。)

昨年に続いての2度目ですが、なんというか、この「あり方会議」を通じて、私が知り合った人が天文学的数値に膨れ上がった。(交換した名詞がパンパンです。)


おどろいたのは、もう20年以上前に僕が働いていたフランス系の製薬会社の大先輩の方(勤務期間が重なっていた)にお知り合いになれたことだ。

いやいや、製薬業界は狭すぎる!!



それに「ホーライフリーク」の人にも何人かお会いできた。

嬉しい限りです。

なかには「ホーライのさんの医学的知識のブログやGCPのブログよりも短編小説のほうをよく読みます」とか「名言シリーズが好きです」なんた方もいらっしゃって、書いている本人もびっくした。


それもこれも、昨年、僕を「あり方会議」に誘ってくださった、日大板橋病院でCRCをやられている榎本さんのおかげです。

それと外資系製薬会社M社で働いているIさんのおかげです。

この場をお借りして、榎本さんとIさんにお礼を申し上げます。<(_ _)>


それいにしても「うなぎ」をちょんまげにしている浜松市のゆるキャラ「出世大名 家康くん」は笑ったな。あははは。
    ↓
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/intro/100year/100chara.html

posted by ホーライ at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

先生!そんなことより、僕の胸の音を聴いてください。

今日の健康診断で内科医が僕の「原病歴」の「精神・神経疾患あり」を見て、「これはなに?」というので、「うつ病で抗うつ薬を飲んでいます」と答えたら、「何、飲んでいるの?}というので「アモキサンです。」と答えた。

すると、聴診器を僕の胸にあてながら、「東京医科歯科大学の藤田紘一郎先生が言っていたけれど、セロトニンは脳の中で作られるのは全体の3%程度で、あとの97%は腸内細菌が作っていると言っていたよ」と話し始めた。

なんだか、とっても、話好きのおじいちゃん医師だけどさ、ちょんと僕の胸の音を聴診器で聴いている?と突っ込みたくなった。

そんな僕の気持ちなんて無視して、「でさ、メキシコは日本よりもずっと貧困だろ。でも、うつ病で自殺する人は日本の10分の1なんだよ。それはメキシコ人は食物繊維をたくさん食べていて、腸内細菌が活発になりセロトニンをたくさん作っているからだと藤田先生は言っていたよ」。

なるほど、と僕は思い、それなら、ビオフェルミンとかヨーグルトをたくさん食べようかなと思いつつも、「先生、本当に聴診器で僕の胸の音、聴いている?」と何度も突っ込みたくなった。

でも、まぁ、いい話をきいたな。

きっと、明日からは、食物繊維とビオフェルミンとヨーグルトを食べ、トリプトファンが入っているサプリメントを飲みながら、研修活動をしているな、と僕は思ったのでした。

その内科医は最後までおしゃべりを止めずに聴診器を僕の胸にあてていた。

きっと話しながらも胸の音は聴こえるという特技を持った先生なんだと自分を納得させた僕でした。


posted by ホーライ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

ということで、今日は「健康診断」です。

この時間に目が覚めるとビミョウだ。

もう少し眠りたいけれど、もう、眠れない。

途中覚醒の時間が短いというのはいいけれど、今日は会社で健康診断で、なおかつ、習慣病検診の対象でもあるので、胃の検査でバリウムを飲まないといけない。

ということは、この時間に起きて、空腹でも、何も食べることができない。(多少の水はいいみたいだけれど。)


もう、僕の年代になると毎年の「健康診断」というのは治験薬の「リテスト」みたいなもんで、とりあえず、検診で問題がないなら、あと1年は大丈夫ですよ、みたいな。

毎年、検診を受けているので、何か重大な病気が見つかっても「早期発見」につながるので、みんなもきちんと毎年、検診を受けたほうがいいよ。

厚生労働省の統計によると8割程度らしい。

さらに「がん検診」になるともっと低い。
    ↓
https://www.gankenshin50.go.jp/campaign_25/outline/low.html
    ↓
■■■■■■■■■■■

平成19年に実施された「国民生活基礎調査」によると、日本のがん検診受診率は、男性においては、胃がん、肺がん、大腸がん検診の受診率は3割程度であり、女性においては、乳がん、子宮がん検診を含めた5つのがん検診の受診率は2割台前半となっています。
 
特に子宮がん、乳がんについては、検診受診率が低い状況にあります。

■■■■■■■■■■■


僕たちは、体が資本なので、だましだまし、大事にしていこうね。

僕らの航海は、まだまだ続く。(と願いながら。)

posted by ホーライ at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の調子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

「妻の嘆き」と「僕の慰め」

我が家の長男は劇作家兼演出家兼俳優をやっているけれど、俗に言う「銭を稼いでいない」。

さらに、すぐに「イライラ」する。

特に演劇のシナリオの締切間際になると、イライラする。

すると妻は「あ〜ぁ、私なんて、死ぬまでこの息子の面倒を見ることになるのね」と嘆いている。

すると、いつも、僕は決まり文句で答えている。

「まぁ、世間様に迷惑をかけているわけではないのだかさ。ほら、このテレビのニュースを見てごらんよ。危険ドラッグを吸って、車を暴走させて3人も死なせている。少なくとも我が家の長男はそんなことはしていない。」と。

鉄バットで父親を殺すこともなく、やっていることは、要は締切間近の作家が原稿用紙を投げつける、というようなものだ。

「産みの苦しみ」みたいなもんだからさ。

と、まぁ、「下をみたらきりがない」的な言葉で妻を慰めている。

極めつけの慰めの言葉は、「しようがないよ。僕の遺伝子を完璧に継いだのだから」というもの。

すると妻は「は〜ぁ。」とため息のひとつもして、家事にとりかかる。


周りから見たら、いたって平和そうな我が家にもかくのごとく、様々な人間模様が繰り広げられているのでした。(チャンチャン)


posted by ホーライ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。