2014年02月17日

『華麗なるギャッツビー』と『ライ麦畑でつかまえて』と『風の歌を聴け』

何を今さらですが、『華麗なるギャッツビー』を読んでいる(それも村上春樹の翻訳ではなく)




茶色に変色した古本屋から買ってきたもの。

もう何年も読まれずに僕の本棚に置いてあった。

それをどうしても読む本が無くなったので、『華麗なるギャッツビー』を読むことに。

いや〜、面白い!


『ライ麦畑でつかまえて』以来の面白さだ。





わざわざ、村上春樹が新しく翻訳したくなるわけだ。

そう言えば、『風の歌を聴け』にも似ていなくもないな。





posted by ホーライ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。